大学進学希望者対象

がんをはじめとするご病気が理由で、修学の機会が狭められないよう支援する制度があります。 そのうちの一部ですが、ご紹介します。

(令和4年7月現在)

大学進学希望者が対象の支援制度

大学進学に関しては、様々団体が奨学金を実施しており、多岐に渡ります。独自の奨学金を用意している大学も多いので志望大学の制度も確認してみることが大切です。

はばたけゴールドリボン奨学金

https://www.goldribbon.jp/archives/5433
認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワークが実施する返済不要の奨学金です。

対象
  • 18歳未満でがん(小児がん:小児慢性特定疾病 / 悪性新生物 * を参考)と診断され、治療を受けた方
    もしくは現在治療中の方で、自身ががん(小児がん)に罹患したことを認識されている方
  • 2023年3月までに高等学校等 * を卒業見込みの方、あるいは卒業している方
    * 高等学校、中等教育学校 ( 後期課程 )、特別支援学校 ( 高等部 )、など
  • 2023年4月日本国内の大学(大学院は除く)、短期大学、専修学校(専門学校)等に入学、もしくは当年度中に入学予定の方
  • 当法人の活動内容を理解し、広報活動や小児がん啓発活動等に参加、協力することができる方
  • 奨学金申請時における前年度の世帯の収入または所得額が指定の条件を超えない方
給付額

月額 4 万円(年間 48 万円)を大学等卒業まで給付(正規の最短修業年限)

手続き

申請書類を 「認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク『はばたけ!ゴールドリボン奨学金』係」まで送付

※お住いの都道府県・市区町村等の公的な機関や民間の団体等において様々な奨学金や支援制度があり、対象となる条件や給付額等も多種多様となっています。 応募方法も、市区町村の窓口や在学している学校から申請する方法や、団体へ直接申請する方法と様々ですので、各担当窓口に確認しましょう。

最近の記事

Instagram

Facebook

  1. 2020年春号

    透析患者としてがん教育に期待すること
  2. 2020年春号

    進歩するがん医療とがん教育
  3. 2020年春号

    AYA世代のがんを経験して~今、伝えたいこと
  4. 2019年創刊号

    産婦人科医として子宮頸がん予防に思うこと
  5. 2019年創刊号

    大人のがん教育の必要性について ~企業における健康教育の大切さ~
PAGE TOP