On cancer とは

皆さん、現在の日本では一年間にどのくらいの方ががんに罹るかご存知でしょうか?

最新の統計である2019年のデータによると(全国がん登録)は999,075人が新たにがんと診断されています。これは年々増加していて今現在も上昇し続けています。2人にひとりががんにかかる時代でありながら、未だがん検診受診率は殆どのがんで目標である50%を達成できていないがん腫もあります。
こうした背景からがん対策推進基本計画第2期に、はじめて「がん教育・普及啓発」という施策が盛り込まれ、続く第3期計画では「がん教育・普及啓発」全ての施策を支える重要な基盤として位置づけられています。

国民の基本的知識として、また教養としてこどもからがんを知ることがいかに重要であるか、それをがん対策基本法では「がんに関する教育の推進」規定の(第23条)を新設し、『国及び地方公共団体は、国民が、がんに関する知識及びがん患者に関する理解を深めることができるよう、学校教育及び社会教育におけるがんに関する教育の推進のために必要な施策を講ずるものとする』と明記しています。

がん教育のような1次予防の普及啓発活動や、がん罹患率、死亡率、生存率といったがん統計、がん登録データを使ったがんの疫学研究を中心に研究をしています。2016年からは、予防可能ながん「子宮頸がん」予防に重点をおいた研究活動も行っています。それぞれのページに詳細がありますので、ぜひご覧ください。

 

片山 佳代子(On Cancer 編集長)

片山 佳代子(On Cancer 管理人)

 

 

本サイトは、第14回公益財団法人博報堂教育財団児童教育実践助成金(平成19年度)・令和元年度一般財団法人横浜総合医学振興財団「医学・医療関連事業」助成金など、助成金の一部で運営されています。 今後、民間企業からの協賛や、クラウドファンディングなどの費用による運営も検討しています。協賛いただける企業またはご寄付も歓迎しています。

最近の記事

Instagram

Facebook

  1. 2020年春号

    AYA世代のがんを経験して~今、伝えたいこと
  2. お知らせ

    横浜こどもホスピス「うみとそらのおうち」について
  3. おすすめ教材

    がんについて学ぶこと
  4. 行政とがん教育

    全国市区町村における子宮頸がん対策に関する調査結果(第1報)
  5. 2019年冬号

    小学2年生の子を持つ 親として思うこと
PAGE TOP